アポイントの取り方 - 金持ち父さんのキャッシュフローゲーム会

アポイントの取り方 - 金持ち父さんのキャッシュフローゲーム会

アポイントの取り方 - 金持ち父さんのキャッシュフローゲーム会

> > アポイントの取り方

ラットレースから抜け出すために:アポイントの取り方

このエントリーをはてなブックマークに追加

アポイントの取り方とメールマナー

いくらキャッシュフローゲームで学んでも、キャッシュフローゲームだけの知識でラットレースから抜け出すことはできません
金持ち父さんになるためにはお金以外のことも学ぶ必要があります。

行動開始前にこれを学んでおかないと、絶対にいつかは失敗すると断言できます。
それくらい重要です。

良い情報の紹介ももらえず、リアルで金持ち父さんになっている人にも相手にしてもらえません。
その1つが、アポイントの取り方およびメールマナーです。

要求が多い人ほど自己主張満載で受け取り側への配慮が無い文面のことが多いので注意が必要です。

一事が万事

アポイントの取り方一つで、気配りができる方かどうかがわかります。

普段勤めている会社と、脱ラットレースに向けて不労所得を増やす過程のコミュニケーションは、大きく異なります。
同じ会社内の場合はもちろんのこと、取引先の場合は「あなた個人」ではなく「組織内または会社間」の付き合いのため、あまり気にしなくても返事をくれます。

しかし、勤務先の業務外の活動は『縦社会ではなく横の繋がり』です。
失礼なことをしても誰も注意してくれないですし、付き合うかどうかも本人同士が決めることができます。

したがって、いつの間にか相手から敬遠されて連絡が取れなくなる、ということも少なくありません。
私も失礼または要望が曖昧なメールには返信内容や返信までの時間(返信しない場合もあります)など、それなりの対応しかしません。

『親しき仲にも礼儀あり』が最も反映される関係です。

失敗しないために、予め学んでおく必要があります。

アポ取りメールの際に最低限必ずやること

受信側のことを考えている人にとってはわざわざ書くまでも無い当たり前のことですが、意外とできていない人も多いです。

  • 件名だけで用件がわかるようにする
  • メール冒頭に受信側の名前をフルネームで書く
  • 受信側の名前の後にフルネームで名乗り、送信者欄にも名前が表示されるように設定する
  • 目的を簡潔かつ明確に記載する
  • 当日繋がる連絡先を記載する(電話番号を記載しない人が多すぎます)
  • 末尾に署名欄を作る
  • アポイント直前に「着きました」などの連絡事項をPCメールアドレスに送らない(ガラケーの人は外でPCメールを見られない)

金持ち父さんとか貧乏父さんとは関係無く、普段から気遣いができている人は日常の仕事でやっていることですね。

金持ち父さんになるための第一歩:行動開始前

過去に、
『目標設定をしたので見てほしい』
『行動を開始したいので相談させてほしい』
といったメールを多くの方からいただきました。

しかし、金持ち父さんになるために継続して不労所得を積み上げるにあたって、
苦労するだろうなと思わざるを得ない文面であることも多いです。

以下、例文を記載します。

件名:キャッシュフローゲームに参加した〇〇です

小笠原さん

お世話になります。
キャッシュフローゲーム会参加者の〇〇(名字)です。

目標設定を自分でできる範囲で考えたため一度確認していただくことは可能でしょうか。
希望日ですが、私自身の都合がつく日が今月の〇〇日(土)しか取れませんでした。

もし、小笠原さんのご予定に支障無ければお会いしてお話を伺いたいですが、いかがでしょうか。
時間帯は小笠原さんのご都合の良い時間帯で構わないです。

以上、返信お待ちしております。

〇〇(名字)

何が間違えているか、失礼に値するか、わかりますか。
下記の正解を見る前に、ご自身で考えてみてください。


  • 1.件名:キャッシュフローゲームに参加した〇〇です

これでは用件が全くわからないですね。

件名というのは、何か月経っても一目で要件がわかるように記載するものです。
忙しい人は読むメールにも優先順位を付けます。
したがって、件名で意図が伝わらなければ必然的に後回しにされ、最悪本文を読んでもらえない可能性も出てきます。

誰からのメールかどうかは、差出人の欄に記載されるように設定し、本文の冒頭にも記載すれば良いので、件名に書く必要はありません。
書くなら本文の冒頭に書きましょう。
ときどき、『こんにちは』などを件名に記載する方もいます(笑)


2.小笠原さん お世話になります。

冒頭にはこのように受信側の名前を書くことが必須です。
できればフルネームの方が好ましいです。

送信先を間違えてしまった場合、内容次第では受信した相手は自分に送ったものなのか、送信先を間違えたのか判断できません。
意味がわからず放置され、送信した側もミスに気付かない最悪なケースも考えられます。

トラブルを避けるためにも必ず受信側の名前(フルネーム)を記載しましょう。

「お世話になります」「お世話になっております」どちらの表現が正しいのか、というのはよく出る疑問です。
「お世話になります」はこれから契約が決まったときのように今後お世話になる場合に使う未来形、「お世話になっております」は既に関係があって現在進行形という意見もありますが、個人的にはどちらでも問題無いと思います。

私は相手と場合によっては「いつもありがとうございます。小笠原雄二です。」と記載することもあります。


  • 3.キャッシュフローゲーム参加者の〇〇です。

冒頭および末尾に名字しか記載しない、または冒頭に名字すら記載しない方が非常に多いです。

  • 名字しか記載しないと、色々な方と知り合う機会が多い、または人脈が広い人にとっては、どの〇〇(名字)さんかわかりません。
  • 冒頭に名前を記載しないと、誰からのメールなのかわからないまま読む、またはまずは末尾を見ることになり、とても面倒です。

会社名が記載されていればわかる場合も多いですが、『会社名を使う=会社を代表してその方とコミュニケーションを取る』ということですので、仕事以外の場で会社名は基本的に使いません
名刺も同様に仕事以外のコミュニケーションの場では使いません。

また、キャッシュフローゲーム会に参加後、数週間経ってから連絡が届いても既にどんな方か覚えていないことが多いです。

既にお互い認識し合えている関係が構築されていれば問題無いですが、1~2回面識があるという程度だと『どの○○さん?』と思うことも結構多いです。

相手に伝わるように名乗るというのは細かいことですが、だからこそ普段から気遣いができている方かどうかが見えやすい部分でもあります。

必ず『冒頭と末尾にフルネームを記載する』『期間が空いていれば追加で何か情報があれば記載する等、できるだけ相手に思い出してもらえるように名乗る』ようにしましょう。


  • 4.都合がつく日が今月の〇〇日(日)しか取れませんでした。

まず『誰のための時間なのか』『相手にとってメリットのあるアポイントなのか』を考えてみてください。

アポイントの依頼をするということは『自分自身のために時間をいただく』ということになります。
相手にとっては時間が合わず会えなくても別に構わないのです。
まずは『会いたいという姿勢』および『相手の都合に合わせる姿勢』を見せることが重要です。

  • 正解例1:今月は○日と〇日だとご指定の場所に伺えますが、ご予定はいかがでしょうか。ご予定が合わなければ少し先の日程になって恐縮ですが、来月でしたら○日と○日が空いています。希望日が少なく恐縮ではございますが、ご予定いかがでしょうか。
  • 正解例2:小笠原さんのご都合の宜しい日をご教示いただけますか。ただし、私は平日の日中は出勤しているため、できれば平日の夕方以降、または土日でお願いすることは可能でしょうか。

そもそも本気で会いたいと思っているのであれば、無理矢理でも時間をこじ開けるべきだと思いますが・・・。
遊びの予定が詰まっていることが原因ならば、尚更優先順位の見直しが必要です。

ラットレースから抜け出してファーストトラックに行きたい=雇われている仕事以外の活動時間が本業ですので。
遊びの予定が多いのは忙しいのではなく、暇な時間を埋めているだけです。


  • 5.時間帯は小笠原さんのご都合の良い時間帯で構わないです。

わざわざ記載する必要が無いかもしれないくらい当たり前のことですが。。。

構うか構わないかは、受信側が言うことで、時間を取ってほしい側が言うことでは無いです。

これは失礼ですね。

  • 正解例:小笠原さんのご都合をお聞かせいただければ、その時間に伺います。


  • 6.返信お待ちしております

このように締めくくる方が時々いらっしゃいます。
ビジネスメールのフォーマットにも時々載っている表現なので正解のようにも思えますが、相手に「返信しろ」と暗に指示をするのはいかがなものかと思います。

「相手の都合を優先する」という気持ちがあれば出てこない表現ですので、余計な一言で相手に不快感を与えないように注意しましょう。

同じように、「返信は必要ありません」と気遣ってくれる方もいますが、返信を求めているかどうかに関わらず、返信するかどうかは相手が決めることです。


  • 7.〇〇(末尾に名前)

もしあなたがアポイント依頼のメールを受け取った場合、メールアドレスしか記載しない人と会おうと思うでしょうか。
私自身、電話番号を明かさない方とは例外無く会いませんし、アポイント以外の要求にも応えません。

当日何らかの理由で遅れてしまう、待ち合わせ場所を勘違いした、事故等で行けなくなった等、様々な要因で連絡をする可能性があります。
その場合、メールを送っても気付かれない場合が多いですし、メール一本で遅れる旨を伝えるのは失礼です。
全員がスマートフォンからPCメールを確認できるわけではありません。

これは気配りや当日のシミュレーションができているかどうかの問題ですね。

  • 正解例:フルネーム、電話番号、メールアドレスを記載する

『相談に乗ってほしい、返信が欲しいけど連絡先を明かすのは嫌』という人には返信する必要も無いと思われても仕方が無いです。

小笠原の場合は下記のように署名欄を作っています(会社名or団体名・メールアドレス・ホームページアドレスは場合によって変えています)。

シップスコアーズ株式会社
代表取締役 小笠原雄二
〒103-0013
東京都中央区日本橋人形町2-14-2-8F
TEL:080-3509-6496
Mail:yuji.ogasawara@cfkanto.com
HP:http://cfkanto.com/

ただし、資産運用のための動きの場合は『住所は不要』です。
勤務先は関係無いですし、特に女性の場合自宅を記載するのはトラブルの原因にもなるので。
『アポイントを取る際に相手にとって必要な情報を記載』すればOKです。

ラットレースから抜け出すための次のステップ:行動開始後

キャッシュフローゲーム会に何度か参加し、行動前の準備が整った方には、必要な場合かつ求められた場合に限り、私からファイナンシャルプランナーさん等を紹介することもあります。
しかし、その後、連絡したけど返事が来ないという相談も来ます。

どのようなメールをしたかを聞くと、返事が来ないのが当たり前な内容であることが殆どです。

具体的な要件を記載しない

『〇〇についてお聞きしたいです。宜しくお願い致します。』
『〇〇の投資商品を紹介していただきたいです。宜しくお願い致します。』

と記載するだけのメールを送る方が意外なほど多いです。

そのメールだと、単に希望を伝えただけで、読んで終わりになります。
この文面で相手から日程調整の連絡が来ると思っているようです。

  • ケース1:上記のメールを送る→日程調整のメールが届く(スルーされる可能性も高い)→希望日程を伝える→予定が合う日の返信が届く
  • ケース2:目的と希望日を明記したアポイント依頼のメールを送る→予定が合う日の連絡が届く

どっちが効率的か、相手の手間を少なくできるか、考えるまでもないですね。

しっかりと、『アポイントを設定する』ことが重要です。

また、
『○月中に相談したいです』
と曖昧に書く方もいますが、まずはご自身がどの曜日・時間帯に動けるのかを記載''したほうが、相手は提案しやすいです。

正解は、
『〇〇についてお聞きしたいのですが、〇日の〇時~〇時(複数記載)が空いております。ご都合いかがでしょうか。』
『仕事をしているため、平日の〇時以降、または土日にお願いしたいのですが、ご都合いかがでしょうか。』
です。

メールが長い上に要点が掴めない

仕事ができる方は忙しく、アプローチもたくさん来ます。
毎日数十件のメールが届くのが当たり前です。
私は毎日30件~50件くらいですが、私がお世話になっているファイナンシャルプランナーさんは毎日200件ほど届いているそうです。

当然、重要かどうか、返信する価値があるかどうかの取捨選択をします。
※送信側が返事を求めているかどうかは判断基準になりません。

  • 前置きが長くて、読む前に読む気が無くなる(気持ちが伝わる内容の場合は除きます)
  • ダラダラと余談が多く、要点が掴めない、結局何を伝えたいのかわからない
  • 件名と本文の内容がリンクしていないため、本当の目的がわからない
  • 返信を求めているかわからない
  • 目的が書いていない(お礼?アポ取り?伝えたいことがあるだけ?)

アポ取りの際は要件を簡潔に伝え、詳細は会ったときに伝えれば良いです。
メールで全てを伝えようとしても、絶対に伝わらない上に、流し読みをされるだけです。

よくある落とし穴は、メールをすれば相手が読んでくれて返事をくれると思っている人が多いことです。
返信を求めるなら『読みやすく、返事をする必要があると思わせるメールを送る』のが礼儀です。

できていれば、わざわざ「返信お待ちしております」など相手の都合を無視したことを書かなくても返事が届きます。

※忘れられている、または何らかの原因で届いていない場合もあるので、伝わる内容のメールを送っている場合は一度再送しても問題無いです。


全ては『気配り』です。

アポイントとは、相手の時間を奪う行為です。
忙しく実力がある人ほど、意図が伝わり、かつ気配りのできたメールを送らないと、後回しにされて、そのまま忘れ去られるリスクが高まります。

会社にいるときの連絡方法が必ずしも正しいと思わないようにしましょう。


キャッシュフローゲーム会申し込み

このエントリーをはてなブックマークに追加

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional