2021年からメーカーから直接仕入れてAmazonで販売するビジネスのコンサルを開始しました。
転売だと人に言いにくかったり悪いイメージを持っている人もいますが、正規取引による販売なので堂々と言えますね。

私自身も10ヶ月で月収100万円になり、そのやり方を教えるコンサルです。

下記の金持ち父さんになるためのセオリーの動きをしていきます。

  1. 稼げる力を付ける、いつでも収入を増やしたいときに増やせる手段を持つ
  2. 資金作りのスピードを早めて不労所得化を促進していく

もちろん手段の話だけではなく、土台となる「結果を出す人の考え方(ビジネスマインド)」も育つようにしており、最初に比べるとかなり変わった方もいます。

まだ人数は少ないですがコンサル期間が終了になった方がいるので結果を記載します。
コンサル期間は一年間(準備と勉強として1ヶ月おまけ付き、実践12ヶ月なので実際は13ヶ月程度)で、今のところ全員副業スタートです。途中で専業になった人はいます。

メーカー取引コンサルの結果

コンサル終了時の成果

  • 月収10万円以上:100%
  • 月収30万円以上:50%
  • 月収50万円以上:17%
  • 平均33万円、中央値32万円

という結果になりました。

下記の方には2023年1月にコンサル生に向けてセミナーをお話して頂きます。
大きな成果を出したというより、時間がかかったもののようやく伸び始めた段階で、2023年5月に月収100万円を目指している状況です。今までのコンサル生の実績では伸び始めるまでに大体半年程度かかる印象です。

過去にも結果を出した方にセミナー講師としてお話をして頂き、皆さんとても刺激を受けていました。

終了した皆さんお疲れ様でした。コロナ第8波が来ているので様子を見ていますが、また懇親会をやりましょう。

最終目標まではまだまだ増やす必要がある方が多いですが、必要収入になって在庫管理だけで維持出来るようになると楽なので是非達成してください。
今のところ全員そのままコミュニティに残ってくれていますし、引き続き応援しています。

上記はコンサル最終月まで定期報告を続けた方のみカウントしており、前向きな撤退および短期間で辞めた人はデータとして参考にならないため含んでいません。

撤退理由

  • トレードで年数千万円規模で稼げるようになった(1名)
  • 連絡が来なくなったため理由不明(1名)

半年以上動き続けて結果が出ないことを理由に撤退した方は今のところいません。

他のコンサルとの違い

正直成果の違いはよくわかりません。
理由は出し方が人によって違ったり、当キャッシュフローゲーム会とは違って経験者中心だったり、始めた時期が早い人の方がライバルが少なかった分結果を出しやすかったためです。

他のコンサルだと受講開始時点で中上級者レベルの経験があったり、最初から専業で取り組んでいる方も一定数含まれていて、転売等他の手段からメーカー直取引に移行したいという方が多いです。
当キャッシュフローゲーム会参加者は元々多少転売経験があるか、何も経験が無い方が殆どなので、そう考えると良い結果なのではないかと思っています。

リスクを負って動いているとはいえ、勤めていると一年で年収30万円増えない人も多い中、月収で30万円以上増えたら結構良いですよね。

私が受けたコンサルの場合

参考に私が受けたコンサルを例にすると、月収10万円以上:80%強、30万円以上:60%強、50万円以上50%強のようです。
とても優秀ですね。他と比べても優秀だと思います。

ただしこの数字は「コンサル終了時」ではなく「コンサル終了後、コミュニティに残っている方々への追跡調査」なので、終了後3年や5年経った方も含まれていますし、結果が出ず辞めた方は含まれません。終了して更に2年程度経った私も答えています。
たしか7年程度コンサルを続けており、継続期間が長くなるほど割合が年々良くなっていくのは当然で、直近の「コンサル終了時点」の割合は不明です。

コンサルを受ける目的

続ければ続けるだけ伸びていく積み重ね型のビジネスですし、コンサルの目的はコンサル終了後も稼ぎ続ける地力を付けることです。
独学との大きな違いは「早送りできること」「結果が出る確率を上げられること」です。

そもそもお金を払うことを嫌がって自己投資を怠る方はマインドが足りていないので結果も出にくいです。
将来的に独学と自己投資をすることでどちらが伸びているかで考えるのが正しいです。

私のコンサルを終了した方々も一年で地力が付いていますので、これからも伸びていくはずです。

私が受けたコンサルの追跡調査と私のコンサルを比較すると、終了時点の数字で大きく差があるわけではありません。
そのため最終的には差がない割合にはなるんじゃないかと思っています。

2022年11月末時点でそろそろ月収100万円を超えそうな人もいますし、皆さんからの経過報告を楽しみにしています。

コンサル特典について

私のメーカー取引コンサルでは、よくあるものから独自のものまで幾つか特典を設けています。

コンサル特典

  1. よくあるもの:成果保証
  2. 弊社で開発した発注や管理システムの使用(大きな時短。ただしwindows限定)
  3. 私が契約している外注紹介(一般的な会社より安価且つ質も高い)
  4. 私が契約している顧問税理士紹介(良い税理士を探すのは難しい。小規模でやっている事業者にとってこの事務所より良い事務所は多分無い+時短になる)
  5. 私が実際に運用していて良い成果を出している投資商品紹介(条件を満たした方のみ)

特典で私のところより良い内容を出すのは無理だと思います。
詳細は希望する方にのみお話しますが、特に大きいのは2~4です。

発注や管理システム

特にシステムを自分で作るためには100万円単位のコストがかかります。
取引先が増えてくると発注はかなり大変になります。

※以降はよくわからないと思うので読み飛ばしてください。

発注の大まかな流れ

  1. 在庫の確認
  2. 在庫と売れ行きから発注数量の検討
  3. 発注書作成
  4. 発注書のPDF化
  5. メール作成(取引先のメールアドレス入力、雛形入力、メーカーの会社名や担当者名の入力、発注書の添付)
  6. メール送信

上記は取引先が少ないうちは問題無いですが、数十社になると大変です。

提供しているシステムを使うことにより、1~2はシステムが実際に売れた数量から推奨発注数を自動計算し、3~5はクリックするだけで完了、システムが作成したメールを一応確認して送信ボタンを押せば完了となります。
発注が完了したらボタンを押すだけで仕入れた商品がエクセルに自動転記され、月毎に仕入れた商品がわかるように整理されます。

メーカー取引をやっている人は誰もが欲しがるシステムで、実際に私が受けたコンサルのグループからも欲しいと言われており、今後考えが変わる可能性はありますが現時点では私のコンサル生限定となっています。

実際にやっている投資商品の紹介

これは物販コンサルには出来ないことですね。
実際に転売のコンサルをやっている人で紹介している人もいるようですが、投資の素人なので良い商品と言えるかどうかは不明です。

物販のコンサルではありますがキャッシュフローゲーム会の活動の一環として最近教えることにしました。
成績はtwitterで見てください。

最近私の不労所得の柱の一つになった手段です。

稼ぐ力を付けて、不労所得化する。
この流れを実践します。
みんなで稼いでいきましょう。

今のところこの商品で損した人はおらず、投資商品によくある増えた後に出金出来ない(詐欺)という問題もクリアしています。
規模が大きくなってくると新規募集終了になる場合もあり、いつまで募集を続けてくれるか不明ですし、投資自体が上手くいく前提ですが、今までの実績を見る限りでは大きく収入が増えるはずです。

卒業生が増えて少し余裕が出来ました

この一年かなり大変だったのですが、育った人が増えたり、コンサル終了する人が増えたため、余裕が出来てきました。
以前より受け入れペースは落としますが、随時受け入れは可能です。

まずは目標を考え、「なりたい自分」「そのために必要なこと」を把握して、必要だと思った方は検討してください。

参考動画
根拠のある行動を取れるようになろう!本気の目標設定とシミュレーション
金融資産を増やす流れと事前に知っておくべきこと

コンサルにはお金を頂いていますが、私自身の現在の収入の額と質を考えると正直かける時間に見合わない収益です。
金額は具体的に話を聞く方にのみお伝えしています。

それでもやっているのは、以下のような気持ちもあるからです。

  • キャッシュフローゲーム会主催者として稼ぐ力がある人を増やしたい
  • キャッシュフローゲーム会自体そのうち終了するので、それまでにやれることはやったおきたい
  • ネットワークビジネスのような稼げない人を量産するビジネスやボッタクリの不動産会社を紹介するような会が多いことに疑問を感じており、キャッシュフローゲームどおり正しく動けば稼げることを証明していきたい

ただし希望者全員を受け入れることは出来ません。
過去に資金的に無理な方数名(資金が出来たら再検討)以外にも、無駄にプライドが高い人や礼儀知らずな方を受け入れると後が大変なので、マインド面に疑問を持ちお断りをした方もいます。

期間限定募集のような煽ることはせず、募集しているうちは随時受け入れしていますので、希望する方はまず目標を考える時間を作ってみてください。
考えた上でチェックを希望する方はメールで面談希望の連絡をください。

物販コンサル受け入れについては目標設定をしっかりやっているか、およびその目的と手段が一致しているか等を見て判断します。
※目標設定に関する面談をしていない方からコンサル受講の希望を頂いても受け入れません。相互理解の時間も兼ねておりますのでご了承ください。

面談の希望をされる方は以下も読んでからご連絡ください。
アポイントの取り方(メールマナー)

この記事をシェアする

こちらもあわせて読む