詳細

時間:9:30〜11:30
場所:京橋区民館(東京都中央区京橋2丁目6-7)
参加者:7名
年齢層:20代半ば〜30代前半

今回は連休中ということもあり、多くの方から応募がありました。
通常は4〜5名の申し込みがあった時点で締め切るのですが、締め切る前に立て続けに応募があったため、知り合いに協力してもらって急遽キャッシュフローゲームを2面にして開催しました。

キャンセルが2名いたので計7名となりましたが、それでも多くの方に来て頂くことができました。
(ただしキャンセルだった1名は連絡頂けなかったため、開始時間が遅れてしまいました。欠席時は必ずご連絡下さい。)

2面に分かれたため全ての方とお話することはできませんでしたが、全体的に楽しい雰囲気で進行していたようでした。

キャッシュフローゲームの結果

4名の方がラットレースを抜け出すことができ、そのうち1名がゴールしました。
ゴールできるかはサイコロ運に大きく左右されます。
1番大事なのはラットレースを抜けるまでの過程を学ぶことなので、今回は初めての方を含め全体的に上手くできていた印象を受けました。

私が担当したキャッシュフローゲームでは初めての方がいらっしゃったため、ヒントを与えながら1つ1つの判断の仕方を各々が考えながら学べるようにしました。

本日のスイーツは2面だったため2種類用意しました。

一つは、「GINZA KARACU【銀座菓楽】」の「ルレ玄米ロール」。
最高級の丹波黒豆を使ったロールケーキで、黒蜜を使っていることもあり大人な味でした。

もう一つは、「しろたえ(赤坂見附)」のレアチーズケーキ。
知り合いにレアチーズケーキのおいしいお店を聴いたらココって言われたので買いました(笑)
チーズの甘みと酸味が広がる潔い正統派のケーキで、今まで食べた中では2番目においしかったです(1番は福島県いわき市の「フェアリーテール」にある「ブルーチーズのケーキ」)。
クッキー生地だけでもおいしく食べれると思えるレベルにはなかなか出会えないですし、1個250円とリーズナブルなのもあって、かなりオススメです。

キャッシュフローゲーム会終了後のお食事会の様子

今回は前の席になった方が目標をいろいろ考えているようで、質問も積極的だったため、ずっとその参加者とだけお話していました(笑)
行動する理由は充分だったので、あとはもう少し具体的に考えてみること、1つだけではなく幅広く考えるためにリスト化してみるようアドバイスをしました。

その方は女性だったのですが、似たような目標でラットレースを抜け出し社長になった女性を知っていることもあり、是非夢を現実化できるように頑張ってほしいです。

ただし、キャッシュフロークワドラントを知人から教えてもらったと言っていたのですが、過去に参加された方に同じ流れで後日ネットワークビジネスに勧誘されたという方がいらっしゃったので、変なのに捕まらないように注意して頂きたいです。

キャッシュフローゲームを悪用した怪しい勧誘

この記事をシェアする

こちらもあわせて読む