コミットメントをすると結果が出やすくなる - キャッシュフローゲーム会

コミットメントをすると結果が出やすくなる - キャッシュフローゲーム会

コミットメントをすると結果が出やすくなる - キャッシュフローゲーム会

> > コミットメントをする理由

当キャッシュフローゲーム会に参加した方のお話

当キャッシュフローゲーム会に参加して行動を始めた方の一人のお話です。
※色々ボカシを入れています。

その方は2012年初頭に20代後半の頃にキャッシュフローゲーム会に参加して、行動開始から約1年で月10万円程度の配当所得を得られるようになりました。

その方とは収入が増えた御礼として焼肉に連れて行ってもらったり、その後もプライベートでも会う機会ができて、食事に行ったり投資とは関係無く海外旅行に行ったりもしたのですが、
とある事情により退職して地元に戻ることになり、関東から離れました。

SEだったので職歴を活かして転職もできたのですが、

  • 続けたい仕事では無かった
  • 実家に戻ったので配当だけで生活はできた

という理由で、少し時間をかけて次の動きを考えることになりました。

ところが様々な事情が重なり、約2年ほどニート同然の生活をすることになってしまいました。

収入はあるので生活だけはできますがまだ30代になったばかりで将来には当然不安が常に付きまとう状況のため、相談を受けて社会復帰も兼ねていくつかの選択肢を提示しました。

  • 1.知り合いがやっているIT専門の人材紹介会社を紹介し、SEとして再就職
  • 2.知り合いがやっているクローズド案件中心の人材紹介会社を紹介し、異業種で再就職
  • 3.大変だけどリスクは無く、諦めなければ大きな収入が得られる某FCによる自営業(ネットワークビジネスではないです)

※1~3全てクローズドな会社にしたのは、一般的な会社と話をするより事情を理解してもらいやすいからです。

その方は一番大変だけど将来性もある「3.」を選びました。

本気で頑張ると言っているのと、個人的にも応援している人ですので結果を出して欲しいと思っているのですが、
ハードルが高いスタートでもありましたので、まずはフェイスブックのグループページにコミットメント(宣言)してもらうことにしました。

コミットメントには勇気が必要

コミットメントはやろうと思っても中々できないことです。

  • 多くの方に宣言するのは勇気がいる
  • 宣言したからには注目されてプレッシャーもかかる
  • 途中で諦めたときのことを考えると尻込みしてしまう

やらない言い訳はたくさん出てきます。
だけど、ここで考えてもらいたいのが、

  • コミットメントして目指す人
  • コミットメントできない人

どちらに将来性があり、応援もしてもらえるかということです。

  • 何も言わずに人知れず行動し、結果を出すのがカッコいい

という私の価値観からすれば意味不明な美徳を持っている人もいますが、
実際は、

  • できなかったら恥ずかしいから言えない
  • 失敗は隠し、結果を出したときだけ言えば良い

と思っている人が全員ではないけど圧倒的多数だと思います。

前述した方は今年の6月からまずは仕事を教わりながらプライベートをほぼ全て犠牲にして行動し、
来年1月には独立する予定と順調です。

本人次第ですがその後も順調だと2~3年後には年収2千万円以上になるかもしれません。
実例として当会参加後、3年前に退職して同FC事業を始めた方は話を聞く限りでは同程度になっています。

この事業は最初は大変だけど軌道に乗ると完全な不労所得とは言えなくても近い形にしていけて、且つ結果を出すと資金捻出も早まるため、投資による資産構築も加速します。
ニート同然からほぼ全員をゴボウ抜きできるのか、今後が楽しみな方の一人です。

あなたはコミットメントできますか?

で、結局何が言いたいのかというと、
あなたはコミットメントする材料を揃えていますか?
ということです。

あくまでも私が見てきた人に限りますが、実現可能性で言うと、

コミットメントして有言実行を目指す人
>>>(超えられない壁)>>>結果を恐れてコミットメントできない人
>>>>>コミットメントする材料すら揃えていない人

です。
今までキャッシュフローゲーム会をやってきて1000人以上が参加し、

  • 株をやっています
  • 不動産をやっています

と言われてもその人に興味を持てませんので理由を聞くのですが、答えが無い、または答えになっていない人とはほぼ全員疎遠になりました。

その一方で、

  • ◯◯の理由で行動したい or している

という人には興味が湧くし、付き合いも続くことが多いです。
※これは良い・悪いではなく価値観による違いなので、営業マンや手段先行の人は前者の方が興味を持たれます。

これは大きな結果を出していて営業行為関係無く色々面倒を見てくれる人にも多い気がしますし、実際に行動背景や今後についてよく聞かれます。

コミットメントするのは当然大きなことである必要はありません。
月3万円でも5万円でも、その数字に根拠があるなら立派な目標です。

  • 年中ゴロゴロしていたい
  • 絶対に働きたくないでござる!

でも共感を得られるかどうかは別として本気で目指すなら立派な目標です。
実際今の私はそれに近い生活です(たまたまではなく目指していました)。

目的があり、数字に落とし込まれ、それをコミットできれば、発信しているものに対して人・物・金・情報などが集まります。
短絡的に答えばかり求める人には理解できないと思いますが、遠いようで近道です。

もちろんコミットする相手は選ぶ必要がありますし、営業マンのカモにされたり、詐欺のような案件に騙されないように注意は必要です。
ネットワークビジネスの勧誘にも遭いやすくなったり、運の要素も絡んできたりします。
だけど、見る目を養う、不要なものは毅然かつ丁寧に断ることで、そのうち良い方向に向かいます。

まずはコミットメントの材料をしっかり揃え、少人数で十分ですのでコミットメントしてみてはいかがでしょうか。

余談ですが、私も会社を辞める前はコミットメントしていました。
コミットメントよりも時間がかかり、「あれ?いつ辞めるんだっけ?」と言われたりもしました。
だけど、目標よりは遅れましたが無事退職し、念願のストレスフリーな生活を手に入れました。
※早まりすぎて辞めた直後は大変で、ラットレース脱出を実感できたのはもう少し後でしたが。。。


関連ページ

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional