キャッシュフローゲーム会開催報告~雑談から得られる知識~-2010年6月6日

金持ち父さんのキャッシュフローゲーム会 東京・千葉

キャッシュフローゲーム会開催報告~雑談から得られる知識~-2010年6月6日

> > 2010年6月6日

キャッシュフローゲーム会~雑談から得られる知識~

2010年6月6日(日)
場所:銀座区民館
時間:9:30~11:30
参加人数:3人(主催者含む)


今回のキャッシュフローゲーム会は女性2名が参加されました。
1名は3回目、もう1名は初参加でした。
3回目の方が初参加したときと同様に、今回もスイーツがあるからという理由でした(笑。価値観を共有し合えるので大歓迎です)。

僕がスイーツ好きだからと理由で毎回厳選して用意しています(食べれるのは勝った人)。
500円の時点で利益度外視なので、黒字が増えてきたら1ピース2000円くらいの超高級のものを出すこともあります。
それが、いつのまにかスイーツを理由に来られる女性が増えるようになりました。

リピートする理由も、スイーツ:5割、主催者がイケメン:5割くらいです(一部フィクションです。しかも誰にもアンケートしてない、ただの予想です)。
男性がリピートしてくれるのは、キャッシュフローゲームの話だけでなく実際の事例を挙げたり、食事をしながら色々な話が聴けるからだそうです(2名?にしか尋ねてませんが)。

もちろん一度きりの参加で次からは他のキャッシュフローゲーム会に参加した方も多いと思います。
でも、どんな理由でも何度か来てくれる方がいるのは嬉しいです♪

キャッシュフローゲームの結果

参加された方全員がラットレースを抜け出し、2名がゴールしました。

初参加の方は時間ギリギリで抜け出し、チャンスが1回しか巡ってこなかったので今回はゴールできませんでしたが、飲み込みが早かったので次はゴールできるはずです。

  • 本日のスイーツ

今回は「東京洋菓子倶楽部」の「モンブラン」でした。
お店不動の人気No.1がコレ。
モンブランは細いマロンペーストをウニウニ巻いていくものが殆どですが、ココのは違う。
マロンペーストを伸ばしてペタペタと巻いていき、個性的な形に。

見た目とは違って甘さは控えめで、栗の味もしっかりあります。
しつこさがないので飽きが来ることなく、ペロリと食べれます。
ちょっと上品なモンブランを体験してみたい方は是非。

東京洋菓子倶楽部:モンブラン

キャッシュフローゲーム会終了後の雑談

今回は旅行の話とスイーツの話で盛り上がりました。

  • 海外で一番おいしかったチョコレートは、意外とアルゼンチンだったそうです(!)
  • ベルギーではチョコレートのお店が集まっている街があって、街全体にチョコレートの香が漂っているそうです。
    そして、チョコレートは量り売りで、日本の半額~3分の1くらいの値段で買えるそうです。
    僕には「ベルギーでベルギーチョコレートフォンデュをやる」という誰も興味を示さない夢がありますが、実際に行った人のお話を聴くとやっぱりワクワクします。
  • エジプトのスイーツはおいしくないです。観光は圧倒的に楽しいです♪
  • ドバイはいろいろな国のお店が集まってて、おいしいお店がいっぱいです。
    ドバイには7つ星ホテルがあり、そこで食事をするとランチでも2万円以上するらしいです(知人が泊まりました。1泊20万円くらい)。
  • 僕の知人でラットレースを抜け出している方は、平日のみんなが行かない時期に海外に行きます。
    そうすると空いてるし、料金も安いのでホテルのグレードや料理を上げるなど、同じ金額でもサラリーマンより贅沢な旅行ができるそうです。
  • オーロラは1度行けばもういいやと思う(寒すぎ)けど、絶対に1度は行くべきらしいです。
  • グランドキャニオンに行ったら、初めて景色に感動して涙が出たらしいです。
  • 僕の大きな夢の1つである「豪華客船クイーン・メリー2で世界一周」の魅力を力説しました(若干ウザめでした)。

こんな感じの会話をしました。

雑談の中にもたくさんの知識が得られます。
これもキャッシュフローゲーム会の醍醐味だと思っています。

テンション高めの食事会でした♪

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional